コーヒー

コーヒーという飲み物がありますが、不思議に思ったことはないでしょうか。

ハワイ島に行くとコーヒー豆の農場の見学ができたりするのですが、コーヒー豆はなんか普通の赤い実で、実を食べると甘かったりします。この種を乾燥したのち、焙煎し、粉にしてお湯で抽出するわけですが、誰がどうやってこんなことまでして飲み物にしようと思ったのでしょうか。実をすりおろしてジュースにするのは理解できます。しかし種を煎って粉にしてお湯で、っていったいどういう発想でしょうか。チェリーとかではだめなのでしょうか。しかもビールとかタバコもそうですが、初めて飲んだときは苦くてとてもおいしいものとは思えません。青汁とかもそのうちおいしくなるのでしょうか(飲んだことないですが)。

そんな思いを馳せながらコーヒーを楽しむ私ですが、スーパーに行っても様々なコーヒーが売られており、スターバックスなどの深煎りからアイリッシュクリームなどのフレーバーコーヒーなどもあり、一通り試してみるのも一考です。私もいろいろ試しましたが、最終的にはCostCoかIKEAのコーヒー豆と結果的に味はどうでも良く値段で選ぶというところに落ち着きました。

しかしその究極の選択は日本に滞在中に一変しました。私はその朝家内の実家にて、義父が納豆をすする姿を横目にヤマザキのチョコデニッシュとシューロールケーキを眼前に盛り上がっておりました。コーヒーいかが?との義母の申し出があり、ハイと言わないとあと数回同じ申し出が繰り返されるため、いつもより高い声でハイと返答しました。その芳香を放つ液体はリラックマのマグに注がれ、私は娘が手を出すのを防御しながら受け取りました。そのコーヒーはヤマザキチョコデニッシュの副菜として出されたおせち料理の黒豆のように黒くまばゆい光を発しており、私は一口すすりました。その味と言えばスターバックスのように濃厚にもかかわらず、苦味は皆無、思わず私は「このコーヒーおいしいですね!」と再び普段より高い声で義母のコーヒーを入れる技術を称賛しました。そのコーヒーの正体を調べるべく台所に向かい、発見したそのコーヒーは金色のラベルをまとっておりました。

何かのトリックに引っかかったの如く驚愕の事実を知らされたにも関わらず結局3杯も飲んでしまったのですが、あろうことかインスタントコーヒーに心を奪われてしまったのです。 旅行中に舞い上がっており何かがおかしかっただろうとアメリカに帰ってきてから、コーヒー豆に比べて異様に選択肢の少ないインスタントコーヒーを購入、試してみるとやはりインスタントの方がおいしいのです。しかもコーヒーメーカーで入れるのが格段に面倒なのに対し、インスタントはお湯に粉末を入れる(もしくは粉末にお湯)だけです。やはりいまだに小切手で支払えるような国だからコーヒーも旧式のやり方の方がアメリカ人は好きなのだと自分を納得させつつ、コーヒーの豆の果実がどうやってお湯を入れるだけの飲み物に進化してしまったのかに思いを馳せております。

ちなみにハワイ島のコーヒー農園は日系の方が多く、インスタントコーヒーはシカゴ在住の日本人が開発したということで日本人に縁があります。

サブウェイ

 

アメリカの昼食といえばサンドイッチです。異論は認めません。まあハンバーガーでも良いのですが健康志向でサンドイッチです。

街中にサンドイッチ屋はハンバーガー屋と同じくらいあふれています。双方とも表向きは同様の気軽に入店しやすい雰囲気を醸し出していますが、これらは似て非なるものです。ハンバーガー屋の注文がおおむね番号を伝えれば自動的に生産を開始するのに対して、サンドイッチ屋のそれは異なります。サンドイッチ屋の注文における作法に従わないと一見さんお断りのような対応にひるむことになります。

ここではサンドイッチチェーンの最大手、サブウェイの攻略法を記します。

サブウェイに入店し、インド系の店員と目を合わせたときから戦いは始まります。入店後即座に宣戦布告をするのではなく、店員に目を目をあわせることなくゆっくりと店内を闊歩し、店員の前に立つ前までにメニューを一読し、基本戦略を立てないとなりません。先客がいる際には列に並び待つ間の多少の時間の猶予が与えられます。ここでハム系か、またはシーフード、もしくはグリルされた肉で行くのかという戦略の骨子を作成します。初心者には入店前にドアかウィンドウを凝視して日替わりメニューから選択することにより戦略の作成を省略することができます。

そして店員と目を合わせることにより即座に注文の応戦が始まります。ここで通常のファストフード店ではメニューから選んだ商品名を伝えるのが常套ですが、商品名を伝えたとしても店員は発言を無視するかのごとくインド訛りの英語でパンの種類を聞いてきます。ほとんどの初心者はここで予想外の対応と訛りまたは早口により理解不能な質問に混乱し、ひるむ姿に向けられる店員の一見さんお断りのような視線に敗北感を感じることになります。ここでひるまず、何を聞かれたかわからなくても展示されたパンからお好みの品名を提示します。この際にサイズも同様に伝えます。(例:Honey Oat, 6 inch )

 

店員と目を合わせた際に商品名を伝えた場合店員は無視していたかのようで聞いている場合が多いので、即座に肉の盛り付けにはいりますが、ここで商品名を伝えても良いでしょう。  肉が盛られると別の店員になる場合がありますが、チーズの有無を聞いてきます。ここで大概店員は3種類のチーズがあるにも関わらずチーズの有無しか聞いてきません。YesというとProvoloneチーズが採用されるのですが、ここでPepper JackやSwiss、または指をさしてそれにしろと反論することも可能です。次にサンドイッチをトーストするかどうかを聞いてきます。お好みでYesまたはNoと答えてください。

 トースト終了後、野菜の選択に入ります。多くの場合ここで店員がかわり、サンドイッチがこの店員の手に渡るや否や店員は怪訝な顔であなたに目を合わせてきます。ここで初心者はわけがわからずひるむことになりますが、これはどの野菜を盛るかということをあなたにアイコンタクトで伝えているのです。場合よっては「レタス?」と聞いてきて、これまたレタスがどうしたと初心者はひるみますが、レタスがほしい場合Yesと答えてください。その後それぞれ野菜名を伝えて持ってもらうか、面倒くさい場合Everythingと言って全部盛ってもらうと楽です。Everythingと言っても最後に並んでいる辛いHot PepperまたはGiardiniera (ジャーディネラ?)は標準では入らないので辛いのがお好みの場合伝えてください。

最後の難関は調味料です。多くの場合店員はMayo? Mustard?と順番に聞いてきます。どうやらマヨネーズとマスタードが標準のようですが、Lite MayoとDeli Mustardにしろと反論したり、Ranchなどドレッシング系への変更を指示することも可能です。この後同様にオイル、酢、スパイス(オレガノと胡椒?)の有無も聞かれます。面倒くさい場合マヨネーズのあたりからYesを連呼すると全部盛りになります。

最後にドリンクの有無を聞かれ、支払いをすませ機械から放出される小銭を受け取るとここで初めて店員の笑顔が見られます。ここで終戦です。ナプキンが一枚しか入っていないなど不満はあるかもしれませんが、さも常連のようにサンドイッチを手に店を後にします。この際に袋をぶらんぶらんと持ってしまうとオイルが下方より放出されるので横にして持つと良いかと思います。

駐在の方は日本から来た人を連れて行きこれをこなすと尊敬のまなざしで見られます。その一方ほかの方々の注文を手伝わないとならないのと、そもそもあまり日本人の方々は行きたがらないというもろ刃の剣でもあります。