アメリカのマナー(レディーファースト)

マナーというのはある程度共通しているものの、国によって大きく違いがあります。私も良く日本からの出張者を迎えるのですが、良く「アチャー」という場面に遭遇します。知らずに失笑を買っていることもあるので、ミシガンの日本人の評判を向上するためにもいくつか紹介させていただきます。

アメリカにおいては何はおいてもレディーファーストです。たとえ裏でドメスティックバイオレンスに興じていても町で会うアメリカ人男性のレディーファーストは徹底しています。女性の方が強い何でかは知りませんがそういう事にしておいた方が良いのです(このサイト奥様多いですし)。

ドアを開けたら後ろの人のために押さえてあげる

 と書いたらなんか後ろの人が入れないように押さえている情景が浮かんでしまいましたが、後ろの人にドアがバチコンと当たらないように押さえてあげるのです。

またはドアを開け先に行かせてあげるというのがその上級です。男性が男性のためにドアを開けて先に行かせてくれるという事例が散見されますが、これは特に気があるというわけではありませんのでご勘違いなさらないようにご注意ください。

まれに2枚ドアの場合双方が同時に開けてあげてしまうという事態が発生します。この場合根比べになりますので、早めに折れて礼を言いつつ通るのが無難でしょう。しかし相手が女性だった場合は折れてはいけません。携帯が鳴ったふりをするなど何としてでも女性を先に通してあげてください。

エレベーターは先に乗って先に降りる

先に乗るのは簡単ですね。もちろん降りる人が降りてからですよ。ポイントは「開」ボタンを押してドアを開けておいてあげるのではなく、手でドアを押さえてあたかも閉まってきたら俺の腕力で止めてやる、くらいのアピールが必要です。まあ最近のエレベーターはセンサーのようなものがあるので腕力は必要ありませんが。問題は降りるときです。これにはスムーズなポジション確保が欠かせません。

乗籠時に誰もいない場合は難なく最後部のAを確保できます。なるべく背を壁につけるように最後部を確保し、自然な形で女性のあとに降りられるようにポジションを確保します。しかしA、B、Cがすべて女性というような場合は高度なテクニックを要します。私のテクニックを披露しますと、乗籠時にさりげないアイコンタクトでボタン前のポイント、Dを確保します。このポジションは上昇、または降下時に視線を女性に向けて泳がせることなく階数表示に向けられるという利点も備えています。降籠時にDのポジションはスムーズに前述のドアを押さえるアピールに移行することができます。

乗籠時にA、B、C、D、すべて埋まっている場合次のエレベーターを待つなどの消極的な対策も考えられますが、上級対策としては残されたポジションであるEにてドア側を向かず、箱側の無難な方角に視線を泳がせます。これによって到着時に「ごめんね、しょうがないよね」と微笑しつつアイコンタクトをかわし後ずさりをしながら降籠します。これはかなりのテクニックを要するので通常のテクニックをマスターしてから実践されることをお勧めします。

他にもレディーファーストはいろいろ存在しますが、これらをマスターすれば出くわす状況の90%はカバーできると思いますのでお試しください。女性の方々は男性より先に降りないと男性がいつまでも待つ気まずい間ができますのでとっとと降りてください。ちなみに日本でこれら実行すると女性が戸惑いぎこちなくなります。

5のコメントがあります : アメリカのマナー(レディーファースト)

  • covington

    私は男性です。持論を少々
    日本にたまに帰国すると、ついついレディーファーストでドア等を開けてしまいますが、日本人の女性も慣れていないため、中には「すいません」も言わず、稀に睨む人もいます。別にあなたに対して下心があるわけではないのですが・・・。
    そういったことが多々あるため、アメリカのような極端なレディーファーストは意図的に避けてます。
    日本はもともとこのような文化がないので、男性・女性とも慣れていないのでしょう。
    このような行為はする側とされる側が理解して初めて成り立つものだと思います。

    私は別に性別にこだわらず気付いたらドアを開けてあげるようにしています。
    人に対して親切に接するように心がけたいと思いますね。

  • まい

    よく困るのがモールの入り口でドアが2枚から3枚くらい続いている時です。
    一つ目をあけてもらい「Thank you」と言い先に通るまではいいのですが、2枚目に私が先に辿りついてしまうので、私もあけてその男性を待つべきか、しれっと一人で先へ進んでしまうべきか、その男性に再びあけていただけるようにゆっくりドアまで歩くか、など悩んで変な感じになります。男性も戸惑いませんか?
    なので、そういうドアが多い時は、だれもいないのをみはからってササっと通ったりしてます(笑)

    • M(管理人)

      あーそれありますねえ。男性の場合今度は開けてあげれば良いので割と簡単ですね。

  • りんご

    ふふふ(^^) 素敵な情報ですね!!
    男性が日本で実行すると戸惑うのと同じで、
    女性の私は、日本帰国数日間は、日本で男性が我先に!と出て行く事に戸惑ってしまいます。
    慣れた頃にアメリカに戻って、また戸惑います。

    イラストも管理人さんが描かれたのですか?!