食べ過ぎ

日本から帰ると同時に仕事の客人が来まして、さらに風邪を引きましててんやわんやでございます。

なかなか有用な情報に至りませんがまた無用な情報を。先日東京は暑いと書きましたが、こちらに帰ってからも暑く感じる日が続いております。以前68F(20C)に設定していた暖房も64F(18C)くらいに落ち着いており、ちょっと何かをするたびに汗だくになっております。体温の調整機構が壊れたかと思いましたが修理するすべもないので熟考しておりましたところ、以下の仮説にたどり着きました。

  • 日本に行くととにかく食べてしまう
  • 突然の高カロリー状態に体が驚く
  • 体がカロリーを消費しようとする
  • 熱を発する

要するにこれは食べ過ぎに起因するのではないでしょうか。

同意しなくてかまいませんが日本に行ったらとにかく食べますよね。とりあえずは寿司、ラーメンあたりが王道ですが、今回私が一番よく食べたのは菓子パンでありまして、ついでに雪印のコーヒー牛乳とかシュークリームをかなりの頻度で食べておりましたところ2週間で体重が5kg増で、自己の持つ最高記録に簡単に届いてしまいました。なぜ菓子パンなのかよくわかりませんが、ロールケーキなんじゃらと称するケーキとパンの中間のようなものを目にすると、たとえそれが牛丼より高くても買わずにはいられません。

かくして数個を平らげ至福のひと時に至るわけですが、その空き袋にはカロリーと題した不穏な数字が。もちろんアメリカに住んでいればこれが何を意味するかは明快で、たとえ日本のカロリー表示にはkがついていようと意味するものは同じであります。その驚愕の事実は、

菓子パンはカロリーが高い

ということです。前述のヤマザキシューロールケーキは一袋539calとのこと。これは牛丼の並、またはBig Macと同じカロリーなのですが、これらが満腹の幸福感を造り出すのに対し、シューロールケーキは至福のひと時は与えてくれるものの満腹感では牛丼またはBig Macほどには至りません。というわけでこれを補うべく複数のアイテムを手にし、さらにデザートとしてシュークリームやプリン(なぜかお菓子には興味なし)などにも手を出してしまうのですが、菓子パンx3(1500cal)、コーヒー牛乳(250cal)、プリンまたはシュークリーム(250cal)、イコール2000calと朝から成人男子の必要カロリーに達しておりました。

それでもいつ食べられるかわからない日本食を前にしてサラダというわけには行きません。かくしてトンカツ、カキフライ、天丼などいわゆる寿司、ラーメンには及ばないこれらのTier 2も攻め、さらには出張で行った社員食堂で、そばなどには目もくれずサバ塩焼き定食、カツカレーに加え、揚げ出し豆腐などのマイナー品も含め悔いの残らないように食べましたが、どうしてもオムライスとかモツ煮込みとかには至りませんでした。

でっかいプリンもありました。

2のコメントがあります : 食べ過ぎ

  • すごい

    菓子パンのカロリーっておそろしい。でも私も帰国すると毎日いろんなパン屋さんでカレーパンを買っては食べてました。楽しみにしていたお気に入りのラーメン屋さんがなくなっていた時のショック、期待して入ったお店がまずかった時の怒りにも似たショック・・・貴重な1食をかえしてくれ~!!!食べ物ってすごいですね。

  • 仕方ない

    どうしても日本食は美味しいので、いっぱい食べてしまいますね。
    私はまだこのミシガンでの生活が半年あまりですので、さほど恋しさは
    ありませんが、知人は他州に8年ほど住んでおり、なかなか日本にも帰国
    出来ないため、日本に帰ってきた時はスゴイ、スゴイ!
    ケーキ、菓子パンに始まりたこ焼き、讃岐うどん、etc・・・
    B級グルメが食べたくなるようです。
    ただでさえアメリカ暮らしで大きくなっているのに、また日本でも!

    私もこの年末日本へ帰るため、気をつけなければ・・・
    すき焼き、お寿司、クリスマスケーキ、お雑煮などなど。