桃太郎の真実

仕事で岡山県に来ておりまして。

岡山県出身の方には申し訳ありませんが、岡山と聞いて思い出すのは桃太郎ときび団子以外まったくありません。したがってお土産はリラックマやらエルモやらキティなどが節操なく桃太郎の恰好をしているものか、きび団子のなんじゃら味のバリエーションがほとんどです。

娘にどこにいるのと聞かれ桃太郎のとこだと答えたところ、ふときび団子が名産だから桃太郎の話が生まれたのか、はたまた桃太郎の話があったからきび団子が名産になったのか疑問に思い調べたところ驚愕の事実が。諸説あるようですが、

「岡山の名産であった吉備団子と物語に出てくる黍団子の名前が同じだったから宣伝に使った」

ってちょっとあなた。

吉備団子も黍ははいっているそうで何が真相が良くわかりませんが、のどかな川を見てああ桃太郎はこんな川を流れてきたのかと思っていた私の叙情的な思いは関係ないということのようです。

名物もよくわからないのですき家の牛丼を大盛り380円で食べました。満足したので良しとします。

3のコメントがあります : 桃太郎の真実

  • 岡山出身ですが「岡山の名産であった吉備団子と物語に出てくる黍団子の名前が同じだったから宣伝に使った」なんて初めて聞きましたよ!桃太郎伝説にはもうちょっとまともな根拠があります。「吉備津彦命」という皇族が桃太郎のモデルだと言われています。あくまで伝説なので真偽は誰にも分かりませんがなかなか説得力のある伝説ですよ!

  • 愛知県出身者

    愛知県出身者ですが、最近までずっと桃太郎伝説は愛知県のお話と思っていました。
    子供のころから通った愛知県犬山市の桃太郎神社、すぐ前には木曽川が流れ、人社の境内にはおばあさんの洗濯岩があります。裏山は猿山になっていて、周辺にはキジも住んでいます。周辺は桃太郎ゆかりの地名も多くあります。
    ずっと不思議に思っていたことは愛知県には鬼が島伝説がないことから鬼が島がどこにあるかということでした。

  • おんま

    岡山の隣県出身の者ですが。

    もう岡山からは移動されたかもしれませんが、確か「ままかり」という小魚(?)系の名物があったはず。このおかずはあまりにもおいしくてご飯がすすみすぎるあまり、「まんまを借り」に行く必要が生じる・・・こんな由来だったと今は亡き祖母が申しておりました。

    すき家の牛丼、私も食べた~い。